社内で事例を共有する

カテゴリー: 仕事とNLP — koutei @ 22:22 2012/12/15



企業の力を高めるために社内研修をしますが、
研修を今後に活かすためにはどうしたらいいのか?
ということについて一緒に考えていきましょう。


では、活かすためには2つの角度から考える必要があります。
それは、

1、どのように活用するか?
2、事例の共有と蓄積


これは、スタッフの育成や売上アップのためにNLPを活用する
ということにも役立ちます。では、具体的に1番と2番を見て行きましょう。



1、どのように活用するのか?

こちらに関しては、会社単位、部署単位、チーム単位、
プロジェクト単位、個人単位などのようにいろいろな角度から
取り決めて実践していくことができます。


具体策に落とし込めるのは、現場に限りなく近い
チーム・個人単位かもしれません。少人数でしたら、
会社単位やプロジジェクト単位でも行いやすいです。


例えば、営業の部署でNLPを導入して活かすとします。
この時に、NLPをどのように取り入れて活用するのか?
ということを考えていく必要があります。


NLPは素晴らしいものですが、使い手の状況により
様々な価値や使い方を生み出していくことができます。
ですので、NLPを営業で使う際には、まずは実践して、
フィードバックしての繰り返しの中で、活用していきます。



2、事例の共有と蓄積

こちらも大切です。会社・組織・チーム・個人としての力をつけるには、
積み上げることが重要です。そして、共有することです。


そのまま実践して感覚や大雑把なまとめに終わらせると、
他の人が学び、実践できる学習材料になりません。


ですので、NLPの活用事例をしっかりと、
なぜ、どのように考えて、どう行動したかを明確にして、
蓄積して、共有します。


そうすることで、常に結果を出すための知恵が蓄積され続けていきます。


出来事には意味がある

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2012/10/15



「あの時期があったから、今の自分がある」


そんな経験はありませんか?


しばらくたってから、気づいてみるとあの時が人生の転機だった
ということがとても多くあります。その経験を乗り越える時に、

・意図して乗り越える時
・意図せずに乗り越える時

この2つがあります。


では、ここからが今回の本題です。
NLPや自分を高めるための学びではみんなそうですが、
今の自分のあり方が未来を決めていると話しています。


つまり、未来のあなたにとっての最高の自分は、
今のあなたの選択で変わるということです。


苦しい時は苦しいでいいですし、時に逃げ出したりしても
大丈夫です。ただし、それでもあなたが、幸せな未来や結果に
相応しい自分であるならばです。


もしも、落ち込むのはいいのですが、落ち込み続けて腐ってしまうと、
あの時があったから、今の自分がいるということになるはずです。


では、苦しい次期にどのように、あなた自身をどのように
いい状態にしていくことができるのか?NLPのスキルやワークから、
ご紹介していきます。


例えば、
NLPのアンカリングです。NLPのアンカリングを使うことで、
あなたはベストな状態の自分をいつでも引き出せるようになります。


更に、肯定的意図に関するNLPのワークもあります。
あなたが不調の時、そこには理由があると考えます。


その理由をNLPのワークで探っていくと、実はないがしろになっていた
自分が本来満たすべき何かが明確になったりします。

それを満たすことで、あなたを苦しめている現在ンポ辛さを
緩和したり、解消することが出来ます。


とにかく、今起きていることは、あなたにとって意味があります。


肯定的意図のワークと考え方

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2012/08/14



あなたの行動には理由があった


実は、行動には理由があります。そして、その行動は、
あなたにとっていいものであれ、良くないものであれ、
あなたの「心の底にある願望を満たそうとしています」


ここは非常に大切なことです。
これを前提にしているか、前提にしていないかでは、あなたが
あなたの心への向きあうときの、向きあい方が変わります。


では、NLPの肯定的意図の話をしていきます。


「いいか悪いかは別にして、あなたの行動は
 心の底の願望を満たそうとしてくれている」


例えば、あなたは心の底では人に愛されたい、認められたい
という気持ちが強いとします。もちろん、NLPで学ぶ自己重要感
が教えてくれるように、誰もが愛されたいし、認められたいものです。


しかし、人生の体験や経験の中で、その必要性にかられている
方もたくさんいらっしゃいます。では、そのような方を例にして、
NLPの肯定的意図についてご紹介していきます。


愛されたい、満たされたいという気持ちを満たす為に、
人は、行動を起こしています。ただ、多くの場合は
小さい頃にできている肯定的意図ですので、満たし方が
分からないことが多々あります。


ですから、人にイタズラをしたり、辛く当たったりなど、様々な形で
満たそうとしています。それしか子供の頃は方法を知らなかった
というのが理由です。


しかし、大人になった私たちは知恵がありますので、あなたが
心の底で感じている願望を知り、適切な満たし方を知ることで、
行動を変えていくことができます。


その結果、適切でベストな結果を手にすることにつながります。


願望実現の能力を高める

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2012/06/14



NLPを使って、あなたの願望実現能力を高めましょう。


その為に、はじめに知っておくと今後有効なことがあります。
それは、願望実現には、2つの方法があるということです。


1、願望を実現するための方法を学ぶ
2、願望の実現を邪魔しているものを取り除く


そして、今回取り上げますのは、2番目の
願望の実現を邪魔しているものを取り除くということです。
NLPセミナーで学ぶワークの中には、その為に
活用できるものがたくさんあります。


その中から、あなたのエネルギーのロスを無くして、
本来かけているエネルギーをしっかりと、
願望実現に注ぐための方法は、


「葛藤の解消です」


人は、心の中で無意識に葛藤をしています。
それは、無意識レベルでの綱引きです。


意識的なあなたの想いと、無意識の向いている方向が別なのです。
NLPでも心理学でも言われていますが、無意識の力はとても強いです。
そして、無意識は過去の体験や経験が作り上げたものです。


過去の体験や経験の中で、あなたの心を守ろうとしてできた
考え方、感じ方、行動、感情、信念などです。


しかし、経験を積んだあなたは、それと相反する価値感や感情を
持っています。なぜならば、体験や経験が知恵を与えてくれるからです。


そこに葛藤が生まれています。その葛藤が心の中で綱引きをはじめて、
エネルギーのロスを生んでいます。


そしてそれは、時にマイナスの感情を生み出すこともあります。


NLPのワークの中にある肯定的意図のワークややインテグレーションという
ワークは、それを解決、解消するために存在しています。


時々、思考を手放してみる

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2012/04/20



NLPを学んでいくと、手放すということを学びます。


それは、人生の知恵として、多くの方が教えてくれています。
ところで、「手放す」とはどういうことでしょうか?


・思考
・感情
・執着


特に執着を手放すということは大切な要素となります。


では、どうしてNLPや先人、書籍などで、手放すことの
大切さを教えているのでしょうか?


それは、手放すと入ってくるからと言われています。
多くの場合、手放すことが効果的なのは、マイナスの執着を
持っている時です。


マイナスへの執着が、マイナスの思考や感情を生み出します。
それは、新しいものや発想を入れていくのを邪魔します。


NLPプラクティショナーを学んでいくと、脳は空白を埋めようとする
ということを教えてくれます。それは、執着も同じことです。
執着を手放すことで、その部分に新しいものが入ってきます。


では、どうしてこの話をしているのかといいますと、
時折、マイナスのことでなくても、思考を手放して、
自分の心に目を向け、耳を傾け、感じてみるということが
本当の自分の大切なことに気づかせてくれるからです。


NLPを学んでいくと、意外なところから発想を頂くことがあります。
それは、今までの延長線の思考ではなく、ワークの中で、
未来の望んでいる状態を手に入れている自分から物事を見るからです。


それ自体が、今までの思考を手放しているということになります。
そして、内側にある心に目を向け、目を傾け、感じることで、
本当の自分の望みや思考に会えるかもしれません。


可能性に目をむけることができる質問

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2012/02/28

自分との対話の時間は作れましたか?

さらに関連して、自分自身の可能性と向き合いましょう。
実は、あす言葉の使い方をすることで、自分自身の可能性と
向き合いやすくなります。

この場合の向き合いやすくなるといいますのは、
NLPを使うことで、枠や型にはまっている思考を手放すことができ、
ありのままの可能性や今後の可能性を模索できるということです。

では、NLPを使ってといいましたが、何を使うのかをお話していきます。
アズ・イフフレームという質問のテクニックを使います。

この質問のテクニックは、現在抱えている思い込みや思考を
手放すことができます。その理由は何だと思いますか?
それは、NLPのアズ・イフフレームの質問の仕方にあります。

「もしも、◯◯なら~?」という質問をします。
もしもがポイントになっています。なぜならば、もしもと話した時、
それはもしもの話になるからです。つまり仮定の話になります。

仮定に話になると、なぜか話しがしやくすなります。
理由としては、心理的なプレッシャーが少なくなるからです。
もしもの話しなら話せるのです。その中から新しい視点や
発想が生まれてきたりします。

つまり、今までの思考や状態では知ることのない発想に出会うことも可能です。
NLPを東京で学んだ女性は、もしもとつけて自分の未来に関して
考えた時、もしもをつけることで、「もしも◯◯なら?」と
いろいろと可能性を探ることも出来ます。


まずは、NLPのアズ・イフフレームを試すところからはじめて下さい。
使うほどに、その効果をジワリジワリとお感じになることができます。


じっくりと自分との対話の時間を作る

カテゴリー: NLPの歴史 — koutei @ 22:22 2011/12/31




自分の人生に向きあっていますか?


NLP資格のセミナーで学ぶ「肯定的意図」を学ぶと、
自分の内面の課題が、私たちの人生に大きく影響を
与えていることが分かります。


もちろん、NLP資格のセミナーで学ぶように、
肯定的意図は私達のために存在しています。


ここで大切なのは、仮に私達が自分の肯定的意図に出会った時、
その肯定的意図と向き合っているかどうかです。


なぜか分からないけれど、意志と反した思考や行動を取ってしまう。
ということがあったとします。


仮の話です。


しかし、そこにはNLPでいう肯定的意図が潜んでいます。
自分の意識と反した思考や行動を取っているのに、
向かい合わずに、思考行動、その元となっている感情に
向き合わないよどうなると思いますか?


見えない課題や問題が大きくなります。


そうは言っても、忙しいと中々、
自分自身との対話をすることができないと思います。


ですので、定期的に自分の時間を作り、
自分の肯定的意図と向きあいましょう。


NLPの肯定的意図と向きあうことで、私たちは内面の課題と
向きあうことになります。


そして、少しづつ向きあい解決していくことで、
物事が今まで以上にスムーズに流れ始めます。


その度合は、完全に個人差があります。


一番お伝えしたいのは、自分と対話する時間を作る。
ということです。


NLPを大阪で学んだ経営者さんはこの話に関して、

「片手間でも考えないよりは大分良い」

「片手間よりも、じっくりと向きあうことで、片手間では、
 見えてこないことに出会うことが出来る」と話しています。


結局はこの時間が、「一番大切なのかもしれません」


自分の無意に敏感になる

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2011/11/30




自分の無意識に敏感になりましょう。


「心と身体はつながっている」
という教えがNLPの前提の中にあります。


このNLPの前提ですが、別の角度から
お伝えしていきますと、心の深い部分の状態が
身体に現れるということを教えてくれています。


つまり、自分の無意識レベルの状態が、
メッセージを送っているのです。


それが現れているのが、
・使っている言葉
・しているイメージ
・何かへの反応
・表情や仕草
・行動
・思考
・感情


などに現れています。


NLPセミナーのプラクティショナーコースでは、
その反応を大切にしています。


私たちが誰かをコーチングしたり、カウンセリングや
コンサルタントをするならば、そこは大切です。


相手の無意識を言葉や非言語から見ていきます。


そして、自分自身なら、自分の使っている
言葉、イメージ、表情などに目を向けてみます。


そこで自分の状態を明確にして行きましょう。
もしかしたら、大切なメッセージがあるかもしれまえん。


一番気づきやすいのは、自分の中の違和感です。


自分の中にある違和感に気づくことが出来れば、
そこを修正することができます。


つまり、自分自身に、NLPのキャリブレーションを
していくことで、自分の気づいていなかった問題や
感情などに気づくことができるようになります。


そこには、どんな課題や問題があるのかは
人それぞれですが、見えないものを明確にできて、
その無意識レベルでの課題をクリアすることが、
人生をより良くしてくれることは間違いありません。


会社の資産を活用できているか?

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2011/10/31




会社の売上を上げていく、と考えた時に、
とても大切な事があります。


例えば、私たち個人のレベルでイメージしてみましょう。
皆さんに取ってほしい結果があると思います。
もちろん、漠然としている方もいるかも知れません。


それでも、なんとなくこんな感じになれたらいいな~
という状態があると思います。


その時に、望んでいるイメージと、
現実との間にギャップが有ると思います。


そのギャップを埋める時に
当たり前ですが、多くの場合は新しい資質を
身につけようとする方が多いです。


また、今まで持っていた資質の中でいいところを伸ばそう。
ダメな点を改善しようとも考えるのではないでしょうか?


この資質を、NLP資格のセミナーでは、リソースと言います。
NLPのリソースとは、望んでいるイメージや結果へ活用できる
資源や資質のことです。


この時に大切なのは、もう一つ大切なリソースが
存在しているということです。NLPを福岡で教えている
トレーナーさんの話しですが、


会社で売上を出すために、
望んでいるゴールと現実とのギャップを埋める際に、
改善や新しい学びや良い面を伸ばしたりします。


では、ご質問です。
他に、気づいていないけれど目標に活用できるものはありませんか?
もちろん、今の会社にあるものの中でです。


つまりこういうことです。
結果を出せるのに、上手く活用できていないリソースな何でしょうか?
結果を出せるのに、気づいていないか、忘れている会社のリソースは何でしょうか?


NLPのリソースを考える時に、実は効果的なのに、
忘れている、気づいていない、活用できていないものがあったりします。


皆さんが、持っているのに活用できていない、
NLPでいうリソースは何ですか?


ゴールを達成することで、何を手に入れたいの?

カテゴリー: NLPスキル — koutei @ 22:22 2011/09/30




前回、NLPのフォーカスの話が出ました。


今回は、フォーカスのもう一つのポイントについて一緒に考えていきましょう。
どうして、そのゴールを達成したいのですか?


NLP資格のセミナーで8フレームアウトカムを通して、
その理由を明確にしたと思います。


では、そのゴールですが、
ゴールを手に入れる意味や価値にフォーカスしていますか?


私たちは忙しさの中ですぐに忘れます。
ですから、常に意識することが大切になります。


意識するやる気が変わります。
同じゴールに集中していても、その先に満たしたい
本来求めているものを見れているか?


ここが大切になります。


NLPを学んだ男性は次のようにお話ししてくれました。


本当に満たしたいものを明確にする。
そして、それを意識する。


それだけで満ちてくるものが変わります。


例えば、私はb営業成績を高めて、給与を高めたい。
と話したとします。


その時に、営業成績のアップや給与のアップによって、
何を満たしたいのか?ここを知っているのとしらないのとでは
大きく違います。


つまり、私たちには満たしたい何かがあるのです。


NLPを教えているトレーナーさんは言います。


それは、安心感かもしれませんし、達成感かもしれません。
または、達成感を通して自信がほしいのかもしれません。


いろいろとあります。


そこを自分で見分けて、時折フォーカスしましょう。
それだけで、思考のクオリティもモチベーションも変わります。


それが、私たちの人生の充実感にも関わってくるのです。


古い投稿 »